カフェをはじめたい、リサイクルショップをはじめたい、会社を設立したい。あなたのはじめたいをサポートします。お気軽にご相談ください。

カフェを開きたい

飲食店営業許可

飲食店・喫茶店などを営業するには、食品衛生法の規定により所管の保健所の許可を受ける必要があります。
さらに、深夜0時以降に酒類を提供する場合、保健所の許可に加えて管轄の警察署に届出が必要です。

飲食店営業許可申請についてはこちら
ドッグカフェについてはこちら

古物商許可

リサイクルショップを開業するには、盗品の売買防止や盗品被害があったときの早期発見の観点から、「古物商許可」の取得が義務付けられています。

古物商許可についてはこちら
不動産業をはじめたい

宅地建物取引業免許

不動産業の中でも、「宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うもの」の場合、宅地建物取引業免許が必要となります。
※不動産賃貸業(大家業等)や不動産管理業、家賃徴収代行などは宅地建物取引業法の適用は受けませんので、免許は必要ありません。

宅地建物取引業についてはこちら
会計記帳

会計記帳

忙しくて会計記帳が後回しになっている、という経営者の皆さん、経営に専念するためにも会計記帳を外注してはいかがですか?

サポート内容
・請求書・領収書などの整理
・毎月の会計記帳を代行
・仕訳日記帳、総勘定元帳、合計残高試算表、決算書などの帳簿の作成
・決算書類の作成(貸借対照表、損益計算書など
※個人事業主様や小規模事業の法人様対象
※確定申告書の作成は取扱っておりません。税金の相談、節税対策の助言は行っておりません。

契約書作成

契約書作成

お店の立ち上げ当初から手伝ってくれている人、新規で採用したアルバイト、この方たちと雇用契約書を交わしていますか?あいまいな関係になっていませんか?雇用者と被雇用者、お互いの立場を尊重し業務を円滑に進めるためにも契約書を交わすことをおすすめします。
また、雇用契約書のほかに売買契約書、使用貸借契約書など目的に応じた契約書を作成します。

会社設立

会社設立

売上も順調に伸びているし、従業員も増やし事業を拡大するためにも法人化したい。でも、株式会社と合同会社、どちらがいいの?定款には何を記載したらいいの?会社の設立手続きをサポートします。
また、会社設立後に飲食店、酒類販売などの許認可を取得したい場合も、サポートします。

株式会社設立の流れ

いわかみ行政書士事務所チラシ

お気軽にお問い合わせください

tel:08035701140
お問い合わせフォーム